行事詳細

夏越大祓い茅の輪神事のご案内

2018-04-30

祭典案内

平成30年6月30日 土曜日 午後五時より
曩祖八幡宮本殿前 庭上にて
参加料 一人千円 祭典後、カヤクサで奉製致しました、茅護りを授与いたします。

祭典では、神職による『大祓い詞』奏上の後、それぞれに人の形をした和紙『ヒトガタ』を御配りし、その『人形ヒトガタ』に自身の悪いものや罪穢れを託し、身を清める儀式を行っていただきます。
お預かりした『人形ヒトガタ』は、古式に則り祓いを納めます。





~茅の輪神事とは~
日本全国において古来より伝わる神事のひとつで、夏の湿気や暑さのために水・食物が腐敗しやすくなるため、食中毒などの病気にかかる事なく健やかに夏を乗りきれるように心身を清め、健康を祈願する行事です。

カヤクサで作られた大きな輪(茅の輪)は、三度くぐる事により身を清めることが出来、疫病や罪穢が祓われるちお言われております。

7月15日 山笠 追い山の日まで設置してありますので、ご参拝の際はどうぞ茅の輪をおくぐり下さい。

神社歴史